まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 前米駐日大使、アマコスト氏の批判について

<<   作成日時 : 2006/08/31 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米国は自ら自己矛盾に陥っている、のではないか。
なぜならば・・・・

アマコスト氏は以前湾岸戦争直後(’91年、3月)日本政府の危機意識の低さ、責任感のなさについての痛烈な批判文を米国務長官宛に送っていたそうな。米国益に合致する方向で財政的、政治的力の発揮を促すよう圧力をかける要請だったという。

ところで米国は戦後統治しやすいように天皇の戦争責任を反故にして天皇制を維持させ、731部隊のデータがほしいから裁判にかけず後にベトナム戦争時に「枯葉剤」として「べとちゃん、どくちゃん」を生み出し、原爆投下で自ら国際法を破ったことを今だに正当化しつづけ、巨頭会談による勝手な取り決めによって日ソ中立条約の一方的破棄に目をつぶり、シベリヤ抑留による日本軍捕虜の多大な死者に目をつぶり、日本の軍事力を根こそぎにするために9条を押し付け、朝鮮戦争が勃発すると急遽警察隊を作らせ、後に自衛隊とした、が今もって敵国条項を破棄せず、日本独自の軍事力行使ができないよう手足をしばったまま米軍が占領し続け・・・・ながら

日本政府が米国と同じような危機意識を持てるだろうか?
そう簡単にカメレオンじゃあるまし、あなた方の「都合・国益に合わせた」国家になれなくて当たり前かもしれないでしょう?
ん?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前米駐日大使、アマコスト氏の批判について まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる