まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「安倍氏の教育改革はやはり必要だと思った。」について

<<   作成日時 : 2006/09/18 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

安倍氏の教育改革はやはり必要だと思った。」について
阿部氏発言があいまいで私もイライラして見ていた方ですが、、、

>田原氏が聞いているのは次期政権が歴史認識問題をどのように処理するのかと言う質問だ。政治家個人の歴史観など大して意味は無いのだ。太平洋戦争が自衛で、それ以外が侵略と言うのは当たり前の話であり、侵略も世界的に行われていた植民地争奪戦にすぎないことは分りきっている。この時間は歴史の講義ではない、政治家の政策方針を言う時間だ。

政治家個人の歴史観など大して意味がない、とのこと。
そうでしょうか?次期総理としての歴史観は今後の外交を占う意味で大きな意味があると思います。
具体的政策の根っこになる部分なわけで、国民に対して自分の正体を明らかにしないまま総理になるなんておかしいと思うからです。

太平洋戦争が自衛でそれ以前が世界で認知されていた植民地争奪戦による侵略だったことは明白、と言われましたがそれが東京裁判では否定されていたから処刑になったんじゃないでしょうか。

だから彼ら右派は東京裁判の判決には従ったけど、裁判自体は否定している、そのことを表明するために靖国神社に合祀した、んじゃなかったのか、と思います。

麻生氏は太平洋戦争は自衛だったけど、中国侵略は認めているしサンフランシスコ条約に調印して戦後が始まったことから分祀して靖国神社を宗教法人からはずして国家管理とし、天皇も参拝できるように、という案を出したのか、と思います。

私は靖国神社は単なる宗教的儀式、形式にすぎず、変容自在な点が長所でもあるのではと思います。大体黒船の経済侵略から始まった国家存亡の危機を救う為に発案された経緯を思えば、時代や政府の都合に合わせてにわか作りされたもの、という見方ができるじゃないですか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
麻生氏にアキバ系集結
喜ぶのはいいが、麻生氏よ。 ...続きを見る
http://ff11blue.live...
2006/09/18 17:36
▼ 学校選択制が教育現場を変える
首都東京で,入学する生徒がゼロという学校が毎年のように出ている。 少子化によって子どもの数が減ったということもあるが 公立の小中学校で自由に学校を選ぶことができる「学校選択制」が導入されて 入学希望者が殺到する学校がある一方で 希望者が全くいないという学校まで生まれてきている。 この「学校選択制」,... ...続きを見る
最新ニュースから
2006/11/24 12:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「安倍氏の教育改革はやはり必要だと思った。」について まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる