まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「集団的自衛権と個別的自衛権の区別って難しそう」について

<<   作成日時 : 2006/10/19 14:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

集団的自衛権と個別的自衛権の区別って難しそう」について
ところで日米安保について基本的に分からないところがある。

自民党はいつも軍事同盟関係で自衛隊の片務性を根拠に集団自衛権を法制化するべき論を言っているが、そもそも米国は日本の憲法を知りながらの
日米安保をこれまで維持してきた。
つまり片務性を承知の上で、それでも日本本土が米軍基地としての値打ちが高かったから承諾していたのではないだろうか?
ただで使えて思いやり予算まで組んでくれて、敵国条項をそのままに日本の軍備状況を管理できるし政治経済も米国の国益に合致するようにコントロールできる。

どうしてこんな好条件の日本から離れられようか?
たとえ日本が片務性をそのまま維持し続けたとして、彼らは東アジア世界に共産国がある限り出て行けない。

このまま彼らに傭兵的ボディガード役をしてもらい、通常は自衛隊は個別的自衛権のみ行使し、国連安保理での要請があるときだけ集団自衛権を行使できる、としたら?

もし米軍がいい加減なら日本は同盟を破棄する、とおどしてやればいい。
北朝鮮が核保有国として存在し続けるなら、日本も核武装をする用意があることをちらつかせる。

それがいやならこのまましっかり日本の防衛を果たすことを要求する、、
ってのはどうかなあ・・・?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
紹介していただいて有難うございます。
仰るとおりですね。そのしたたかさの一部でも今の政治家に有れば良いのにね。
飯大蔵
2006/10/19 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
「集団的自衛権と個別的自衛権の区別って難しそう」について まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる