まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国と取引したい金正日

<<   作成日時 : 2006/10/21 13:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米国が米朝会談を拒否する訳は、クリントン、カーター会談での失敗で米国の世界的信用の失墜は二度と許されないことだ、とする考えがあるのではないだろうか?

とするとだけど、あの世界警察を自認するアメリカさえも、この金正日の狡猾さにはかなり手を焼いている、と思える。
彼はそうとう「駆け引き、取引」には自信がありそうだ。
中国韓国、ロシアは圧力より外交で、と時間稼ぎを北に許して
米国のさらなる譲歩を迫っている。

戦前米国は、真珠湾攻撃計画を知りながら自国の厭戦気分を一掃するためにハワイ基地・米軍を犠牲にした結果、若者達の熱烈な支持と多数の軍人申し込みがあって計画は大成功だったそうな。

これが本当なら、もしかして徹底的に経済圧力をかけて金正日が理性を失い、先制攻撃を仕掛けてくるように挑発し、多数の日本人が犠牲になれば公明正大に反撃できるし、あの金正日王朝をあっという間に殲滅できる、と考えないだろうか?

ただ今は中東問題との兼ね合いや国際世論の動向を見て時間を調節しているから、今回のライスのアジア訪問でも、中国の訪朝で見るべき成果がなくても中国を立て「あちこち飛び回って中国もお忙しいようで」などとお世辞をいい「お手並み拝見」という態度を守っているのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国と取引したい金正日 まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる