まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍氏よ、お前もか!  米流時評より

<<   作成日時 : 2007/10/01 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これは米国のニューズウイーク・インターナショナルという雑誌を、元電通プロでユーサー:ysbee(ワイズビーと読む)さんが日本語に翻訳して紹介している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スペインのホセ・マリア・アズナール首相、イタリーのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相、そして英国のトニー・ブレア首相と、米国のブッシュ政権を支持する方針を打ち出したばかりに、自国の有権者の意向を振り返る道を見失った元首たちは、当然の報いとしてみなそろって国民にそっぽを向かれ、権力の座から追われるにいたった事実に気がついているはずだ。しかし、日本の首相までがこの「元首の冥界」の仲間に入ったと悟らなければいけない状況を、いったい世界の誰がかつて想像できただろうか。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
このビッグローブの政治ブログに参加している人達の中で、このような視点から、安倍首相の退陣を見ることができた人が、何人いただろうか?日本のマスコミが自主規制しているのか、圧力をかけられているのか、ただ単に怠けているのか、分からないが、日本国民の知る権利を彼らが保障してくれていれば、われわれ日本人でも、常識としてこのような視点で世界を見ることができるはずだ。しかるに前期のような事情から、私たち日本国民の知る権利は、これを見て分かるように、大きく妨害されている。情報の谷間に放置されている。これでは戦前のような、国際常識のなさから間違った戦略を指示し実行させてしまった
日本権力者達が犯した過ちを、もう一度繰り返すことになりかねない。いつまでも民を愚かに保つ政策は早急に止めて、世界に流布している国際常識くらいは理解できるようにしてほしいものだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍氏よ、お前もか!  米流時評より まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる