まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり言っていた「沖縄は日本ではない」論

<<   作成日時 : 2007/10/08 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

下記の論文に注意して欲しい。

尖閣諸島については、中国は92年2月の領海法によって明白に中国領だと定義し、今日に至る。他方、沖縄について、中国の国際問題専門誌「世界知識」は05年8月、「琉球王国が日本領土になったのは、日本の侵略の結果であり、第二次世界大戦後の米国からの返還も国際法上の根拠を欠く」「沖縄の主権の帰属は未確定」と伝えた。この点は、「改革者」七月号で、村井友秀・防衛大学国際関係学科教授が詳しく論じている。
(桜井よしこのブログから)
ーーーーーーーーーーーーーー
かくして今や中国人は、靖国参拝の是非や日本教科書の記述の善悪まで左右できるばかりでなく、日本入国ビザ発給や講演会開催の当否まで決定できる力を得るに至った。そのうちに日本の総理大臣の選出にまで、中国の反応を気にする風潮が出てくるかもしれない。(2003年3月執筆、金美齢著「日本人の覚悟」から)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近急速に拡大政策をエスカレートさせている中国の影響下にあって、国内改革も重要だけど、同時に国際環境の急変がマスコミでお茶の間に何一つ話題として出てこないのが、変だとおもうのは私だけだろうか?台湾は今まさに中国の軍事力の前に手も足もでない状況に置かれ、米国からも見放され、このまま
完全に中国の支配下に置かれるのは時間の問題ではないか。
次に狙われるのが沖縄ではないか。米軍基地があるから今のところは浸入しにくいだろうけど、沖縄人の気持ちとしてはどうなんだろう?いつまでたっても日本に利用されるだけのままこ扱いで、中国に甘い言葉で誘われたらそちらになびくかもしれないではないか。つまり沖縄人が自発的に日本に対して自治区を要求して、つぎに独立を要求する、という展開にならないといえるだろうか?中国による経済協力があったらそうなる可能性もでてくるかもしれない。 ではその次は?
こんなときこそハト派より、タカ派政権の方が良いと思えるけど、民主党も福田政権も親中派だそうで将来が心配だ。
そういう意味で、前回の自民総裁選挙では、麻生太郎氏を選んで欲しいと思っていた。が、日本の自民党員達は彼を選ばなかった。国際問題より目前の国内問題の方が優先したようだ。
でも年金と国家転覆と、どっちが重要だろうか?
TVニュースではもっとお茶の間に、国際ニュースを概要だけでも解説するなりして、分かりやすく身近な問題としての視点から、具体的な日本への影響と絡めて報道してしかるべきだと思う。目前のニンジンだけを拡大して、延々と自民党内部の勢力争いに興じてみても、日本国民の視野は狭いまま据え置かれ、国際常識もない日本人を維持し続けるだけではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
http://webnenkin.seesaa.net/
年金の事後納付、首相「期間延長を検討」 ...続きを見る
年金について
2007/10/09 18:06
麻生太郎氏というキャラクター
異色のサブカル政治家、麻生太郎氏のクリアファイルが話題ですね!麻生さんは自民党総裁選では福田康夫首相に敗れましたが、メディアでの人気は首相を凌ぐ存在感を見せたていますよね。1週間にマンガ雑誌を10数誌購読するオタクぶりから、若い年代から絶大な支持を集めていますね。知る人ぞ知るローゼン閣下ですよ!そんな麻生さんをモチーフにしたクリアファイルをデザイナーのMaiko Kissaka氏が製作し、印刷業を手がけるヤマジと共同で販売を始めました。「オタクの街」、麻生さんがたびたび演説を行う東京秋葉原を中心... ...続きを見る
麻生太郎 クリアファイル
2007/10/14 19:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり言っていた「沖縄は日本ではない」論 まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる