まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「腐敗した勝ち組エリート」について

<<   作成日時 : 2007/12/06 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

腐敗した勝ち組エリート」について
何を「勝ち」と考え、何を「エリート」と考えるかは人それぞれかもしれない。が一国の繁栄を考えた場合、頂点に立つリーダーは、知性と感性の両面を備えた人が望ましいが、それだけでも足りない。それは生存競争に打ち勝てるだけの「しぶとさ・したたかさ」がないと一定の地位に付く事は難しいと思う。私的には、前首相の森芳郎氏こと「蜃気楼」さんは、いまだに「神国日本」発言で周囲を驚かせた人だが、感性はともかくとして、知性・政治的能力不足にかかわらず、抜群の要領のよさで勢力争いに長け、法治より人治の日本社会とあいまってあの地位まで上りつめた人かな、、と思っていた。(まるで首相の座についたことをもって勲章を貰ったかのように満足している人に見える)
そういう意味で日本人の感性はいまだに封建社会を引きずったままであることが、人治から法治に切り替えしそこなっている為に、官僚支配が改善できない理由になっているような気がしてならない。だから彼ら官僚達は、記者クラブ組織で大本営発表形式の新聞報道で、現実にベールをかけ見えにくくしておくことで、国民の知る権利を妨害しつづけたまま、愚かな民でいるシステムをどこまでも継続したい、と考えているに違いない。賢い民になられたら困るのだろうな。せこい、せこい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「腐敗した勝ち組エリート」について まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる