まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS フィブリノゲン'64年の承認時から危険性認識してた?

<<   作成日時 : 2007/12/23 12:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日のサンプロで。民主党の前原氏は「名古屋地裁・裁判官は
判決の中で、国は'64年に既に危険性を分かっていたはずだ、と言っている」と発言。
これでは話がダントツ違ってくるではないか?
厚生省が旧ミドリ十字で開発した薬を'64年に承認したのに、すでに同年にその危険性を予知していた、となると最初っから国民が肝炎や肝臓ガンになることを知りながら、薬を承認し使用を認めた、ということになる。これはどういうことか?
まるっきり殺人ということになるのではないか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フィンドホーンへのいざない 寺山心一翁
末期癌から生還した、寺山心一翁さんのフィンドホーンに関する本のブログをアップしましたbのでよろしければご訪問ください。 ...続きを見る
自己啓発書の読書評,フィブリノゲン&#3...
2008/01/05 20:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィブリノゲン'64年の承認時から危険性認識してた? まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる