まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 米マルガリータ女史の「個人尊重の旗を掲げよ」

<<   作成日時 : 2008/01/16 12:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

ハーバード大准教授のマルガリータ氏の意見を抜粋して紹介します。
「経済改革あるいは市場競争というとアメリカが連想され、アメリカ社会の欠陥が日本でも自動的に再現されるかのように言われるが、これは市場社会、アメリカ社会、双方への誤解があり、これが日本での議論をゆがめている。中略・・アメリカ社会には、いったん市場で失敗した人を排除しない余裕がきちんと残されている」
「日本では冷たい社会だと思われているアメリカは、実は日本よりもっと暖かい。個人を人格として尊重する社会的素地があり、個人より家族、学校、会社という団体を尊重する日本とは大きく異なっている。
日本の団体尊重は恥の文化と表裏一体だ。自分が良い団体に所属できさえすれば、あとはあまり社会的公正などについては考えない。事業の失敗、経済苦は恥であり、失敗した個人を排するのが日本社会ではないだろうか。国際的に見ても驚くほど高い、経済苦による自殺率なども個人を大切にしない社会の帰結だろう。日本人が市場での競争を恐れるのは、そんな日本社会の冷たさゆえではないか。これは日本の将来を考えていく上で重要な点だ。アメリカのような社会的素地のない日本で市場化と国家の福祉機能の縮小を同時に進める事は国民の不安をあおるだけだ」
彼女はこのように日本の為にアドバイスしてくれている。

個人より団体を重視し、失敗した個人は排する、、、という冷たい日本社会・・・・という指摘は当たっているんじゃないだろうか?だから市場競争を恐れているんじゃないか、という推測は、、?
人前ではっきり物を言えない日本人。集団の中に個を埋没させることで成り立つ集団主義で生きてきた日本人。
今「空気を読まない勇気」が求められているんじゃないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!日本は農耕、狩猟民族です。お互いの持っているものを交換する民族です。お互いの人権を尊重できる民族です。アメリカ人は狩猟民族です。自分が獲って、自分が食べる。自分が食べれればいいというのがアメリカ人の成功。日本人の成功とは、自分が食べるためにはお互いが分業して生活が成り立つことです。成功観が違うのです。言葉に惑わされないように。
一般人
2008/01/17 21:44
一般人さん、コメントどうもです。
日本が農耕民族だというのはそうですが、果たしてお互いの人権を尊重できる民族なのか、と言う点に関しては出来る面と出来ない面があって、特に言論や表現の自由を認めない傾向は高いと思います。それが様々な改革を遅らせている元凶になって今や世界の流れに順応できないのでは、と思うほどです。現在の日本の経済状況を「官製不況」とTVでは表現していますね。
彼らは国民の人権を尊重してるだろうか?
suzuran
2008/01/19 15:43
suzuranさんがおっしゃる通りに、官僚たちは国民の人権は尊重していないと思います。自らが価値を生まない官僚は江戸時代の旗本気分ではないかと。「士農工商」だと思っているのでしょう。「農工商官」が国の基本かと思います。
一般人
2008/01/19 18:46
初めてコメントさせていただきます。
あえて「空気を読まない勇気」本当に必要ですね。
これを言えば批判されるとか、仲間はずれにされるとかの自分に対する損得ばかりを考えて、真実を探ろうとしない自分があることは恥ずかしい限りです。
できる所から改めていきたいと考えています。
これからもお邪魔させてください。
イワナ
2008/01/20 13:00
一般人さんへ
個人主義国では、他人の権利を自分の権利と同じく扱う意識が浸透してるのでは。それに対して日本の個より集団重視社会では、個や少数派より、集団や多数派を重視し、お互いに自分も相手も「全体の一部」として考え、その考えを最優先して当然、と日本人なら誰にでもその考えを押し付けている?自主独立の精神で生きる人に違和感を与えている、、のでは。
suzuran
2008/01/21 14:40
イワナさん、コメントをどうもです。
集団の中の一部、、、って人類全体に当てはまる真実、ではあると思うけど、度の過ぎた協調・従順・謙虚を要求した人付き合い、なんて疲れるばかりでは。これらの精神と個の権利(自己主張)とのバランスが問題なのかもね。
suzuran
2008/01/21 14:53
suzuranさん。確かにsuzuranさんのご指摘のように「全体の一部」と考える傾向はありますね。「全体」と「個」のどちらも大切ですね。「全体」が見える人には「個」が見えるでしょうね。「個」が見える人には「全体」も見えますね。そういう意味で「一部」しか見ない人には両方とも見えない可能性がありますね。
一般人
2008/01/21 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
米マルガリータ女史の「個人尊重の旗を掲げよ」 まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる