まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 地方自治体を官僚は 「地方団体」 と言う?

<<   作成日時 : 2008/02/23 13:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

私達は普通、地方自治体、と表現する。それは地方の自治体ということ、つまり地方なりのルールでその地域を治める小さな政府、と言う意味だと思う。

しかし、霞ヶ関から見ると単なる「団体」にすぎない、ということだ。それは中央集権国家で国税を霞ヶ関が集めてから、地方に分配する、というシステムだから、地方自治長達は「お金を貰いに来る団体さん」ということになってるのだそうだ。そのためにかかる費用も官僚接待の為に使う交際費も、貰うお金から出てるんだろう。と言う事は全国的にこれら「お金を貰うためにかかる雑費」は年間どれくらいになるのだろうか?
こうした無駄をなくすためには、地方分権、つまり国税の分割が必要になるんだろうけど、一方、地方が本当に民主的な地方政治が出来る段階に成熟しているのか、が問題になるのではないか。

この点について、橋下大阪府知事はさっそく正直な意見を述べ「地方自治長には、お金を貰うだけで責任を負わないで済む方がいい、と考えている人達がいる」と暴露している。
まだ機は熟していない、のではないか。
それでは霞ヶ関から「地方団体」と呼ばれても仕方ないのか?

地方の民の意識が変わらない限りむずかしいだろう。
選挙で地縁、血縁、で2世議員を選び続けているのは、こうした
地方の農家の人達が多いのではないだろうか。
この問題を早急になんとかしないと、にっちもさっちもいかない。
毎年の予算を「使い切る」方式を「残す」方式に改正する、という案は大賛成だ。さっさとやってもらいたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログ意見集: 道州制移管で地方自治はどうなる? by Good↑or Bad↓
「道州制移管で地方自治はどうなる?」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
ブログ意見集(投稿募集中)by Good...
2008/02/25 23:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
残すのは理想ですが、難しそうですね。国家公務員を解雇して、民間の課長レベルの人を採用するのはどうでしょう?解雇された国家公務員には農業をしてもらって。
一般人
2008/02/23 19:38
地方分権が成立すると霞ヶ関の官僚達はいらなくなるからその半分位が地方に回るそうですね。結局どこまで言っても自分達の分け前だけはしっかり確保ってやつかなー?
suzuran
2008/02/24 11:47
日本国憲法で「地方公共団体」と記載されているからだとわかりました。
憲法で規定された国の義務を地方公共団体に押し付けている構図こそが問題のようですよ。
一般人
2008/02/24 14:35
なるほど、公共団体ね。うっかりしてました。この状況はまるで日本の外交防衛を米国任せにしているから、防衛庁や外務省がたるみきってしまう、ことと、日本の政治を霞ヶ関が一手に握ってるから、地方が「お上頼み」になって自主的な地方政治をかなぐり捨ててしまった事と、似てますね。
suzuran
2008/02/24 17:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
地方自治体を官僚は 「地方団体」 と言う? まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる