まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 前鳥取県知事:片山氏 VS 自民:高市早苗氏

<<   作成日時 : 2008/02/27 17:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

TVタックルで。
道路暫定税率に関して、全国の県知事がなぜ「維持、一般財源化反対」で一致しているのか、、、

について片山氏が最近山口県岩国市長(米軍の岩国基地移転容認派)が当選したら、それまで凍結されていた補助金が早速出される事になった件を例示して「アメとムチ作戦ですね。こうした誘導作戦で官僚に逆らうといつどんな形で圧力かかるか分からない。だから道路問題でも全国の知事は国交省の顔色を見て一致して行動とらざるを得ない。これは問題ではないか」というような内容だった、と記憶しているが、、、

これに対して自民党の高市早苗氏は「基地問題はみんなの問題。岩国の人達がリスクの伴う選択をしてくれたことに対して経済面で御礼をするのは当然の処置でしょう。それがいやなら日米同盟止めるか軍隊いらないという事にするかでしょう」というような主旨だったと思うけど

高市氏の意見は当たり前すぎるくらい当たり前だけど、官僚が国民から集めた税金をアメにして
「言うとおりにしないとあっちのお金出してあげないよ」ってやり方は本当に正道なんだろうか?

確かに軍事基地問題は頭の痛い問題だから、どこでも嫌がることでじゃあどうする、、、、ってお手上げ状態なのは分かるけど
だからといって道路問題など他の分野の問題も全てこれ式で
官僚の言いなりになるしかなかったら、地方分権も特殊法人や各省庁の無駄遣いも維持されつづけて、日本の経済はどんどん「官製不況」のまま低落しつづけ、結果、IMFのお世話になって最貧国と肩を並べる国に陥ってしまうのではないだろうか?

結局、国民全体が軍事基地を沖縄に押し付けて、あとは知らん振りをしているかぎり、官僚達はこうした問題をうまく利用して地方自治体が単なる「地方公共団体」として霞ヶ関の利益に協力する団体になるようコントロールしながら、日本の経済を牛耳っている、、、のだろうか?
国益より霞ヶ関の省庁益が最優先という視野狭窄に陥っている官僚達に、前外務省OB:大田氏は

「以前の恩給制度を復活して、官僚達の身分を保証してやればいいのです。そうすれば天下り制度もなくせるし、第一責任も罰則もない組織に長年住み着いている彼らが民間企業で通用する訳がない。能力が高くても長い間には無用のちょうもつになってしまって使い物にならない。企業にとって口利きが出来ないシステムが出来れば彼らの利用価値はゼロと同じ。迷惑な存在でしかなくなる」というような主旨の話をしていた、と記憶している。それで官僚の弊害がなくなるなら、さっさとそうしてほしい。
又ある人は「官僚を叩くだけではだめだ。彼らの能力を最大限に伸ばし育てる事が国益にかなう。それをどうするか、研究すべきだ」
これも正論だ、と思う。国益を優先する日本のための真のエリート教育を一刻も早く進めて欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私もこの番組を見て同じように思いました。
ただ、天下りは定年まで働かない人が公務員と同じかそれ以上の給与を保証される仕組みです。しかも省庁には元同僚と元部下がいて、公務員でないが故に競争入札もないところ(社団法人など)で利権を合法的に持てるのです。甘下りなのですから、無くしようがないですよ。国が補助金を出す社団法人を見直さない限りは。
一般人
2008/03/01 15:36
だからその特殊法人への補助金をカットして、その代わり昔の恩給制度を復活させたらいいんじゃなかってことですね。
日本の経済崩壊が来る前に、一刻も早く官僚組織の抜本改革をしてほしいですね。
suzuran
2008/03/01 16:50
補助金カットもそうですが、国が補助する社団法人は本来行政がすべきものを体よく民間に見せているので、国が直接行うべき事業が多いようです。
国が補助金を出すなら競争入札の導入と理事たちの給与体系見直しを迫るのもひとつの方法かと。ともかく官僚たち国家公務員は92万人もいます。しかも平均所得は月10万以上も多いのです。この給与からまずは見直しも必要かなって思います。いずれにしても、「国民のために汗を流さない」労働とはどう評価されるのかが見えてきませんね。
一般人
2008/03/01 17:16
え?月10数万円ですか?それは少なすぎですよね、しかも彼らは日夜残業してるそうで、その手当ては出てるのかどうか。とにかく抜本的に彼らの待遇をどうするか、考えて欲しいですね。
suzuran
2008/03/03 11:39
一般の雇用者よりも12万円も月の所得(賞与は月割り)が多いのです。(年収で144万円も多い)
一般労働者の月収:41万3342円、国家公務員の月収:53万3166円。
詳しくは、2/18に記事「【政治】公務員給与の見直しから」を書きましたのでご参照くださればと思います。
一般人
2008/03/03 15:28
一般人さん、大変失礼しました。早とちりもいいところで申し訳ないです。
月に10万以上も多い、とおっしゃったのに。。どうかしてました!
年で144万オーバーか。でも多い少ないというのは実際の労働実態がどうなっているかによりますから、数字だけで比べるのは妥当なのかどうか、、
官僚成り立ての始め頃からしばらくは、夜中も昼ものべつ幕なしで残業につぐ残業だ、という話が本当なら、、、ですが。それから2/18のを拝見させて頂ましたが、一般労働者という表現が上も下もあって?でした。すみません。
suzuran
2008/03/10 15:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
前鳥取県知事:片山氏 VS 自民:高市早苗氏 まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる