まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国食品業界の戦略

<<   作成日時 : 2008/02/08 17:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

今回の毒入り餃子事件で、日本に輸出している加工食品の中国最大手・龍大食品集団の宮明傑社長は対日輸出を減らす方針を明らかにした、という読売新聞の記事。
これは日本が自給率が低く輸出に頼る国家であることを逆手に取った戦略に見える。「そんなにうるさいことを言うのなら、他に売るところを探そうと思えば可能なんだよ!」というメッセージにも聞こえる。そう宣言することで今後の日本の出方をけん制する意味合いも読み取れる、のじゃないだろうか?

彼らはこのように非常に抜け目のないエネルギッシュな図太さ、力強さを持っているように思える。そうした気質が外交に大きな成功を納めた要因として挙げられるように思う。
こうした「図太さ」を日本人も大いに参考にすべきだろう。

今回の事件での中国政府の言い分に推測ながらも「日中の接近を好まない異分子の仕業かも・・」などという台詞は、中国政府のこしらえた屁理屈かもしれない、と思った。それは結果的に例の「歴史問題」に抵触するような幻想を抱かせ、心理的に日本側の中国への攻撃、注文に釘をさそう、という「転ばぬ先の杖」かもしれない。かように中国の知恵は侮れないものがあると、心してかかるべきだろう。

今回のこれまでと比べて比較的従順で常識的な日本に対する表向きの対応は、オリンピックを控えてのうわべのものにすぎないかもしれず、日本政府があまりことを荒立てないようにしてほしい、という意図も想像に難くない。しかしこれで中国が汚染輸出大国であることを、自ら世界に公開したという意味で、これまでの勢いが大分トーンダウンするきっかけにはなったことだろう。こんなことでオリンピックがうまくいくんだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
庶民の叫び
社会科教育を切口にした「何を教えるか」について 学習指導要領を根底から見直せ 学習指導要領を改正しなければならない訳 虐めにどう対処するか 自殺を防げ 統一地方選挙の開票を受けて見えた日本の顔 政局の行く方 福田総裁に望む 公明党よお前も道路族なのか 越年に当って 公明党は国民政党では無かったんだ 女性の時代と言われるが 後1日だ 新しい年に向って考える パックスオブジャポニカ 何を教えるか 新テロ法案可決 政治家は国民に範たる背中をみせねばならない ア... ...続きを見る
よく考えよう
2008/02/09 14:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の対日輸出を減らす発言は、日本の消費者が中国食品を買わなくなることを当然のことと考えて、対日輸出が減少したときの言い訳を用意したと思っています。日本から見放されたのではなく、中国自らが動いたのだと主張したいのでしょうね。
一般人
2008/02/09 12:38
ソレもあるかもしれませんね。中国政府が今後も誠実に取り上げるつもりならば、いずれ犯人は捕まるでしょうけど、あちらでは犯人日本人説も浮上したそうなので、どういう展開にするつもりか、目が放せませんね。
suzuran
2008/02/09 13:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国食品業界の戦略 まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる