まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 知る権利を妨害しているのは誰?

<<   作成日時 : 2008/04/07 17:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 24

あの不公正な判定で日本と韓国の試合が国際ハンドボール協会の指示で行われ、日本の敗戦となったが、その後アジア協会のアラブ代表が「罰金を要求」したと言う。日本側は断ったが、何と、韓国では支払うと決定したそうだ。なぜ?
さらにこういうニュースを日本マスコミはだんまりを決め込んでいる、これもなぜ?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つぎに、映画「靖国」が上映中止になった。この映画は香港映画祭で最優秀賞受賞していて、多くの人が絶賛している。映画は日本と言う国の成り立ちを深く考えさせるつくりになっている、というのが売りのようだ。外国で鑑賞されている映画が中止で日本人だけは今後、この映画を鑑賞できないのだろうか?
これも「自国についての客観的な思考をするきっかけをなくす」事に繋がる。知る権利の妨害だ。
これにはこうした場での、いわゆる「ネット右翼のオタク」が引き金を引いたそうだ。
以下は日曜日のサンプロで。靖国上映についてのこれまでの流れ。(間違いがあったらご指摘お願いします)

週刊誌掲載→衆議院議員、稲川朋美から試写の申し込み→3/12国会議員の試写会→3/15から映画館からの上映中止となる。
ーーーーーーーーーーーーーー
稲川氏の弁

「映画の内容や公開について問題視するのではない、助成金(750万)の妥当性(政治性がないこと、日本映画であること)を検証する為に試写を求めた。言論妨害と言われるのは心外」としている「伝統と創造の会」稲田朋美会長だが、日本外国特派員協会で作品に関して、以下のように語っている。

稲田氏:この映画の中に弁護士時代の私も出てくる。私は同意していないが。力作であり、最後まで引き込まれた。日本で公開されることになにも問題を感じていない。
ーーーーーーーーーーーーーー

以下は「靖国」提供会社、アルゴ・ピクチャーズ社長:岡田裕氏の説明から。

「それはとんでもない。だから出てこれないんじゃないか」「最初は文化庁から試写の為のプリントを売ってくれ、と言われた。試写ならあちこちでやっているからそちらから見て欲しい、というと
“いや、特定の試写をしたい。お金を払うからプリントしてほしい。目的は一部の国会議員達が研究会としてやりたいとの事で代表は稲田さん”だという。文化庁が事前に試写を見せろ、と言うのはめったにないこと。文化庁にとって議員さんは怖い存在。助成金に関しては色々な条件を満たしているから問題ない。
プリントした物やDVDは途中で勝手に止めたりできるので、お断りして、いっそのこと国会議員全員での試写会、ということになった。今回の中止の直接原因は、国会議員の試写会がきっかけではあるけど、実際には「ネット右翼のオタクのような人達」があちこちに威嚇の電話をして火をつけた。(ちゃんとした右翼団体というより)実際、街宣車が映画館に来ている。
警察は12日以前から積極的に動いてくれていた。
警察は事前に動けないけど、来た時に知らせれば対応してくれる。
ーーーーーーーーーーーー
田原氏は、、
全紙が言論妨害と書き立てていた、が、朝日、産経は映画館?を持っているなら自分のところで上映すべき。稲川さん、反論あるなら出てきて話して欲しい。そして貴方達の会で上映運動やるべきだ!
ーーーーーーーーーーーーーー
街宣右翼の中には在日の疑似右翼が自作自演で活動し、正統右翼をおとしめようとしている、、、という推測があるそうだ。
それに関してはサンプロ内では一つも語られていなかった事が気になる。稲川氏とネット右翼はどういう関係にあるのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
朝日は沈む・映画『靖国 YASUKUNI』
 4月2日朝日新聞夕刊の8面、全面広告ページには話題の映画『靖国 YASUKUNI』の紹介広告で、監督の李纓と田原総一朗が対談している。その冒頭の部分で田原は「靖国神社には何度も行っていますが、8月15日に行ったことはありません。この映画で初めて8月15日の靖国を知ることができ、その様子に驚きました」と発言している。  朝生でもサンプロでも週刊朝日でも、これまで何回も8月15日の靖国神社の様子を田原は話題にしてきた。あれらの発言は、すべて実態を知らずに書いたり、言ったりしてきた妄想の産物... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2008/04/08 05:38
つき指の読書日記(140)
 大江健三郎『沖縄ノート』(岩波新書)への旧帝国軍人の起こした名誉毀損の民事裁判で、被告大江氏に対し一審・地裁で無罪判決が出た。歴史事実に対しては氏がそう判断、論じても当時の状況下では問題ないとした内容である。明らかに史実がそうでない以上は、前に書いたように、教科書検定にまで野党が政治的圧力をかけるのはいかがなものか。  確かに歴史認識には、残念ながら時の勢いというものがある。いまでこそ自虐史観と認識され、しかも他国の史料が一部は公開され、そのことを多くの国民が明確に知り得るようになった... ...続きを見る
つき指の読書日記
2008/04/08 20:14
Vicodin.
Vicodin m357. Vicodin side effects. Vicodin. Vicodin with no membership fees. Effects of vicodin. Buy vicodin. ...続きを見る
Vicodin.
2008/11/13 12:36
Adderall without a prescription.
Inject adderall. ...続きを見る
Adderall purchase wi...
2008/11/13 16:52
Hydrocodone.
Hydrocodone. Hydrocodone online. Hydrocodone apap. Buy hydrocodone online without a prescription. Cheap hydrocodone. Buy hydrocodone. ...続きを見る
Allergic to hydrocod...
2009/04/18 17:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
国会議員が多額の助成金を供与された映画に対して内容を確認したいと思うことは当然のことと思います。恫喝まがいのことがあったのなら問題ですが、それを「検閲」として上映中止の原因と決めつけることは何やら「印象操作」の匂いがします。さらにいわゆる「ネット右翼」というのは正体がよくわかりません。匿名性の陰に隠れてどんな「名乗り」もできますから。しかしこの「事件」をもって日本では言論弾圧が横行していると言いたい勢力にとっては何にも勝る「宣伝」でしょうね。私も「上映中止」の本当の経緯を知りたいものです。
三四郎
2008/04/07 21:48
映画「靖国」上映中止が言論・表現の自由に関わる問題だと、多くのマスコミが問題視しているが、思い出されるのが、映画「プライド・運命の瞬間」だ。
 上映当時はマスコミで「戦争を美化する」と大騒ぎになった。
教職員組合や映画制作会社関連の労組、各左翼団体による上映反対運動や上映映画館に対する脅迫が行われたのだ。
映画労連などは、この映画やムルデカ17805については上映反対をしつつ、靖国 YASUKUNIについては表現の自由を守って上映をしろと主張するなど、イデオロギーからの二重基準による訴えをした。
やまかわ
2008/04/07 22:15
 でもさぁ、このニュースのどこにも街宣右翼は登場していないんだよねぇ。「もしかしたら、街宣右翼が来るかもしれない」の、狼少年にマスコミが同調しただけの話しだ。右翼も映画館も、宣伝効果は相乗効果でたかまった…あるいは、最初からそれが目的だったりして…
 もうひとつ、製作者に表現の自由があるのなら、反対者にもおなじ自由と権利はあるわけだ。街宣右翼≠フレッテルで、まともは反対論を封殺するようなマスコミの表現には要注意だと思う。
罵愚
2008/04/08 05:58
三四郎さんへ。
ネット右翼の実態がつかめないまま振り回されているのでしょうか。デモ実際街宣車は来た、と言っているのですから警察はその構成員がどういう素性のものか、つかんでいる筈では。またネットでの威嚇にしても個人を特定できるはずですよね?その検証結果が発表されないのは・・?まずはなぜ稲田氏がその場に出席できなかったのか、が知りたいです。
suzuran
2008/04/09 13:02
山川さんへ。その話はまったく同じケースのようで、本当はどうなのか、ですね。というのは主体となる映画の内容次第で、何をメッセージとしているのかが最大のかぎですから。そしてその判断をだれがどのようなものさしで決定するのか、ですよね。ですから双方を比べて「全く同じケース」と言えるのかどうか、両方の映画を見てからでないと個人としての判断もできません。
suzuran
2008/04/09 13:13
罵愚さんへ。
>このニュースのどこにも街宣右翼は登場していないんだよねぇ。
いいえ、上の投稿にも書いたとおり提供側の岡田さんが「来た」と言ってるんですね。
ネット右翼と言ってももしかして左翼系の人が、或いは疑似右翼という人達が、正統派の右翼を貶める為の作戦で騒いでる事もありえますよね。
だから警察が彼等の素性を調べて公表すべきではないでしょうか。
suzuran
2008/04/09 13:21
suzuranさん
>だから警察が彼等の素性を調べて公表すべきではないでしょうか。

 製作者に表現の自由があるのなら、反対者にもおなじ自由と権利はあるわけだ。街宣右翼≠フレッテルで、まともは反対論を封殺するような発言には要注意だと思う。
罵愚
2008/04/10 05:03
罵愚さんへ。
>反対論を封殺するような発言には要注意だと思う。

誰のどのような発言ですか?
suzuran
2008/04/10 12:47
 あなたの「警察が彼等の素性を調べて公表すべき」の発言です。
罵愚
2008/04/11 03:58
罵愚さんへ。
やはりそうでしたか。それは過激な発言だったのでしょうか。
私は岡田さんが「彼等ネット右翼のオタクのような人達が直接電話やファックスで抗議する内容が過激なもので威嚇があった」と言っていることを問題だ、と思います。もし本当に「過激な威嚇があったのなら」誰がどのような発言をしたのか公開し、本人に責任を持たせる事が必要だ、と考えます。仮名での暴力は卑怯ではないですか。調査の結果それが判明したら責任を取らせるのは必要ではないでしょうか?
suzuran
2008/04/14 15:58
 電話やファックスやブログやホームページは、直接顔が見えない、匿名が可能を前提にした情報伝達装置でしょう。いまさら「名を名乗れ!!」っていったって、赤胴鈴之助じゃぁあるまいし。こんな映画を作る会社の社長なら、それなりの対応策を講じるべきでしょう。
 もちろん、それが犯罪行為なら、それなりの資料を添えて警察に届け出ればいいのですが「ネット右翼のオタクのような人達」からの抗議だからというだけのことで、犯罪者あつかいされたんじゃぁたまらない。
 製作者に表現の自由があるのなら、反対者にもおなじ自由と権利はあるわけだ。街宣右翼≠フレッテルで、まともは反対論を封殺するような発言には要注意だと思う。
罵愚
2008/04/15 04:25
罵愚さん、街宣車やネット右翼達がまともな反対論を言ったとして、それを封殺するのは、確かに言論妨害ですね。でも恫喝、威嚇をしたとしたら、それは最初から相手に理解を求める態度、ではなく、相手を黙らせる態度、と考えるのが相当でしょう。私は又聞きですから事実は知りませんが、岡田氏が言ったことが本当なら、です。罵愚さんはそれをどうお考えなのでしょうか?
suzuran
2008/04/16 12:07
 だから、その事実関係とどういう対応をしたかが、第三者が納得できるかたちで公表するべきではないのでしょうか?ネット右翼とか街宣右翼のレッテルで、犯罪行為が実在したかのごとき、あなたのうけうりは、問題ありだと思う。
罵愚
2008/04/17 16:11
罵愚さんも私も、映画館などに直接電話をした話を聞いていないのでわかりません、そこで恫喝・威嚇などの犯罪行為があったのか、なかったのか知りえようがありません。だから調査しただろう警察の、事実に基づいた報告がなされるべきだ、と言っているのです。匿名を利用して正統右翼を貶めて面白がってる愉快犯や外国組織もいるかもしれないですよね。それをはっきりすべきだ、と思いませんか?むしろ、本当は稲川氏のような正統右翼団体こそ、潔白を証明する為にそれを望むべきではないでしょうか。私は稲川氏の意見は一つの意見として尊重すべきだ、と言う考えです。
suzuran
2008/04/18 12:15
 わたしたちのような、しがないブログにも嫌がらせはあるのだから、映画をつくって、それが話題作ともなれば、リアクションは、当然あると思う。法的に問題があるものならば、黙って耐えているから、警察は解決してください、というのがあなたのご意見と受取った。
 ちがいますか?
罵愚
2008/04/21 04:01
警察は取締りをしてもその結果を情報公開していないんじゃないでしょうか。だから事の顛末が一般には分からないまま推移していって、右翼過激派や極左や愉快犯たちの言論妨害も、どの程度の妨害なのか、推測するだけとなって、次に何かあったときにもちょっとしたいたずら程度で、過剰反応で「言論妨害された」から自主規制する、というマイナスの連鎖が起こって日本全体の言論が狭い範囲のものに限定されてしまう、ということになるんじゃないかしら。だから警察は調べた内容の情報公開をすべきだ、と思うのです。いつまでもあいまいにして公開しないからこそ、いわゆる街宣右翼、という貴方が指摘する「レッテルで全てを見てしまう」一般人と彼等との間に大きな溝をつくったまま、どんどん深くなるだけ、ということになるのではないですか?どうして彼等は一般人に自らの思想を理解してもらおう、としないのでしょうか?互いに話し合う場を回避していたのでは、日本の平和はやってきません。
suzuran
2008/04/21 13:04
追記。>黙って耐えているから、、

違法行為を取り締まるのが警察の役割ですよね。罵愚さんは一般の人が直接解決すべきだ、って言いたいんでしょうか?何をおっしゃりたいのか、、?
suzuran
2008/04/21 15:30
 あなたのおはなしには根拠がありません。事実関係は、全部、あなたの想像を前提にしている。「警察が公開しないから」といいますがね、そのまえに、本当に妨害行為があったのなら、被害者がその事実を公開するべきではないのでしょうか。嫌がらせの電話ぐらいで、大騒ぎするのは…
罵愚
2008/04/23 05:08
罵愚さん、失礼ながら私の文読んでますか?
>本当に妨害行為があったのなら、被害者がその事実を公開するべきではないのでしょうか

このことは何度もここで言ってますけど、、、?
suzuran
2008/04/23 11:50
 だったら「警察…」の部分は蛇足ですか、
罵愚
2008/04/23 18:30
罵愚さん、
警察が調べた事を情報公開しないと事実が判明しないんじゃないでしょうか?
suzuran
2008/04/26 13:50
 立件できなかった事件や公判まえの情報を、警察は公表しないし、できない。あたりまえでしょう。
罵愚
2008/04/28 04:06
つまり、警察は何の情報も手に入れていない、ということなのでしょうか。
立件とか公判、というのは裁判に,という意味ですよね?
電話やファックスでの威嚇とは、ちょっと違うんじゃないですか?
suzuran
2008/04/28 14:36
 んなこたぁ言っとらん、世の中になにごとかを訴える映画を製作するからには、リアクションは覚悟のうえだろう。権力を批判しながら、権力に守ってもらおうとしてすがりつく。さらに、権力の怠惰や無能を言い立てる。
 戦後左翼の矛盾をいっている。
罵愚
2008/04/29 04:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
知る権利を妨害しているのは誰? まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる