まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国政府、日本の人的支援を受け入れる決断に

<<   作成日時 : 2008/05/15 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

日経ネットによると、外国からの人的支援を拒否してきた中国政府が、日本からの支援を受け入れる事を決断したようだ。
これは福田政権にとって朗報になるか?

今回のチベット問題では国際的孤立状況に陥り、日本訪問で日本政府の支持を受け、その効果がこういう形で芽を出した、と見るべきか。胡主席が来日の折には、宿泊ホテルに何と、天皇閣下が訪問したのだそうで、日本のマスコミはそれを隠していたんですね。このニュースは本当かな・・?

四川省の現場では、日本の救助隊の見通しでは78(9?)%
絶望的な段階に入った、と見ていたようですが、このことや中国人民の不満が飽和状態に達したりで、またぞろ、中国政府への国際批判が再燃しかねず、そうした配慮から受入を余儀なくされた、、、ということも考えられることではある。
さっさと生き埋めになってる子供達を救出してほしい。
こんな時まで、政府の面子や損得が優先するほど、人民の命は「羽のように軽い」存在でしかないのだろうか。日本も人命軽視の傾向が意識的には高い文化を持っている、と思うので人事ではない。

ベンジャミン・フルフォード閣下にかかると、ミャンマーのサイクロンも,今回の中国地震も、米国の地震兵器、天気兵器の攻撃によるものだ、ということだそうで。可能性はあると思うけど。

それにしてもこの地震発生後も、聖火リレーは行われているとのこと、、、最早、どう考えるべきなのか、思考停止状態に近い心境だ。
中国は’76年にも唐山地震があって23万人の死者を出している。人口も巨大なら、犠牲者も巨大だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
四川大地震に、人的支援・拒否とは?
  四川省北川で13日、倒壊した中学校の瓦礫に挟まれ、救出されるのを待つ生徒(朝日新聞5月14日ネット記事より) 中国四川省で5月12日、マグニチュード7.8の想像を絶する大地震が発生し、その被害の大きさは、日を追って増すばかりである。現在(5月14日)のところ、四川省だけで、死者は1万2千人、生き埋め2万4千人と言われている。陝西省を入れればこの数はもと増えるはずである。 ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2008/05/16 08:06
「四川大地震に、人的支援・拒否とは?」について
14日、中学校の倒壊で犠牲となった生徒を悼み、嘆き悲しむ親戚の人々(注) 「四川大地震に、人的支援・拒否とは?」について 筆者の記事 『四川大地震に、人的支援・拒否とは?』で、 『『中国政府が、余りにも頑なに好意ある人的支援の申し出でを拒否すると、裏に何かあるのではないかと、疑いたくなる。特に震源地はチベット人が多く住む地域である。震源地であれば、当然のことかもしれないが、特に被害がひどかったことについて、中国政府に何か疚しいところがあるのではないか、すなわちこの地域のチベット人... ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2008/05/16 08:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
訂正。78%というのは私の誤解でした。
時間経過と共に、死亡数が増加していくことを言いたかったのでした。78と言う数字は間違いで、72時間経過したら生存率は、、、%と言えばよかった。失礼しました。
suzuran
2008/05/15 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国政府、日本の人的支援を受け入れる決断に まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる