おもしろいインド人の意識

著者:タゴール暎子「嫁してインドに生きる」から。 インドの民衆は、富めるものから貧者が施しを受けることは、その施す者に天国へ行く権利を与えてやっている、、、と考えるのだそうだ。だから施す側も施される側も対等な関係で、ごく当たり前で自然になされ、お礼もなければ恩に着せる気持ちもない、のだそうで。 お互い「することをしているだけ」と…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「読書感想文の恐怖 の4」について

「読書感想文の恐怖 の4」について 1970年、ショーメン・ドラナート・タゴール (インド人)の言葉。 「今日の教育は一部の政治家に利用されている。 機械的で形式的で、人格の形成とか、真の知識の追求はなおざりにされている。 こうした教育はただ、エゴイズムを助長するだけである。そして、自分さえ良ければ他人はどうなったって構わない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天下泰平、洞爺湖サミット、弱肉強食顕在!

今回のサミットでTV解説者が「各国首脳達は政治家として、あと半年前後の寿命しかないというのに、これから40年後の環境問題について話し合う、というのは・・」と皮肉交じりの話に苦笑い。 サミットで、最貧国の暴動にまで発展している「穀物価格の上昇問題」等を話し合う席で「最上級のグルメに舌鼓を打つ」先進国首脳達。 これも笑える。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

当事者主義って?

私もだけど、きっとみんなも裁判ではすべての証拠を出して判断しているのでは、と思っていると思うのです。が、全くそれが誤解だったことに、今朝のTV朝日の番組で分かりました。 検察は裁判に勝つ為に、自らに不利な証拠を提出する義務を追わない、ということを裁判用語で「当事者主義」というのだそうです。 茨城県布川事件では、二人の被告が二十歳…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

3編の詩

女は憔悴していた ――わたしの娘100ウォンで売ります 書かれた紙を 首にかけ おさな児を わきに 市場に たつ その女 女は 唖者であった 売られる 娘児と 売る 女を ながめては 人々の 投げかける 呪詛に 地べた みつめる その女 女は 涙も 枯れていた 母が 死病に かかっていると わめき 泣き叫…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

諸悪の根源 「記者クラブ」

ウイキ: 元共同通信記者でジャーナリストの魚住昭は「官庁の集めた二次、三次情報をいかに早く取るかが仕事の7、8割を占めてしまうと、実際に世の中で起きていることを察知する感覚が鈍る。役人の論理が知らず知らず自分の中に入り込み『統治される側からの発想』がしにくくなる。自分はそうではないと思っていたが、フリーとなって5年、徐々に実感するよう…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

韓国と日本の民度

韓国ではBSE問題で、全閣僚が辞職する騒ぎが起こり、数万人のデモが繰り広げられた。 韓国の親たちは「うちの子供を殺す気か!」と言っていたのが印象的だった。 一方、日本ではどうだっただろうか?同じことがあったにもかかわらず、ほとんど大きなデモ騒ぎもなく終わった感がある。 どこでこんな差が出てくるのか? 日本も韓国も学歴…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

記者クラブ制度が諸悪の根源では?

自民党の  中馬行革本部長  と  町村官房長官  は、 渡辺行革相の 「国家公務員制度改革、推進本部」=本部長、福田総理、、、、の公募案 (事務局長やスタッフ) に待った!をかけ、公募見送りとし、首相自らの人選にする事に決定した、という。 しかも24日、首相は記者団に  「広く人材を求める。(事務局長が)民間人か、官僚か、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「浅はかで愚かな育児から生まれた「殺人鬼」」について

「浅はかで愚かな育児から生まれた「殺人鬼」」について 神戸殺人事件の少年Aも、今回の犯人もどうやら同じ「浅はかで愚かな親の家庭教育による」事件だったように思う。 幼児期に必要なのは、当たり前の暮らしの中で心身ともに健康に育つこと=健康な体と親兄弟との親密な心のつながりを持つ事、が基本的に最重要なことであって、それが次第に他人の中で…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

浅はかで愚かな育児から生まれた「殺人鬼」

神戸殺人事件の少年Aも、今回の犯人もどうやら同じ「浅はかで愚かな親の家庭教育による」事件だったように思う。 幼児期に必要なのは、当たり前の暮らしの中で心身ともに健康に育つこと=健康な体と親兄弟との親密な心のつながりを持つ事、が基本的に最重要なことであって、それが次第に他人の中での人間関係を学ぶ基礎になっている、と思うからだ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

閣議の実態、、、、桜井よしこのレポートから

政府の政策決定の要である閣議は形ばかりだ。閣議では閣僚が問題を討議し、時には烈しい議論も戦わせて、決定していくとの印象を持ちがちだ。だが、月曜日と木曜日に各省の事務次官会議が開かれ、全省の意見の一致を見た事柄のみが、翌日、つまり、火曜日と金曜日の閣議にかけられるのは周知のとおりだ。各大臣は、官房副長官が読み上げる各案件に黙々と署名するの…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

広がる貧困層は資本主義の限界を示している?

去年のクローズアップ現代の情報から。 米国も日本も最近ワーキングプアが増加しているという。 米国では’00~’05年までの5年間に590万人増加している。 米国の資産が1億2千万を超える層は、全体の5%で、国家の富の6割を独占している、という。 経済知識がない私でも、こうした事柄は何を意味しているのかが想定されてくる。 …
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

納得できない医療側の言い分

最近医師不足で、救急車がたらい回しになって死者も出る騒ぎになっている。特に産婦人科医を志望する人が激減しているのだという。 理由の一つには、産科は訴えられることが多いから、というものらしい。 しかし、訴訟活動をつづけて来た多くの遺族は、余りにも医療側の不誠意な態度に業を煮やして、やむを得ず数ヶ月から数年たって裁判を起している例が…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

いっせいに止まった中国の「反日メール」の意味

今回の地震で中国政府は日本をトップランナーとして人的援助を申し入れたこと。その後の反日メールがいっせいに止まったこと。   これらの出来事は偶然の一致ではなく、政府の音頭に従って行動する中国人が、かつての「官製デモ」といわれた暴動とまったく同じ動機から反対の行動をとっている、のではないかと、私には思われる。 お人よしの日本人が…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

中国政府、日本の人的支援を受け入れる決断に

日経ネットによると、外国からの人的支援を拒否してきた中国政府が、日本からの支援を受け入れる事を決断したようだ。 これは福田政権にとって朗報になるか? 今回のチベット問題では国際的孤立状況に陥り、日本訪問で日本政府の支持を受け、その効果がこういう形で芽を出した、と見るべきか。胡主席が来日の折には、宿泊ホテルに何と、天皇閣下が訪問し…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

新聞社のミスリードか、プロパガンダか、はたまた・・  

今人気ブログランキングで一位の「新世紀のビックブラザーへblog」で面白い記事をみつけた。 東南アジアの人々が、日本をどう見ているか、を調査した結果の記事について。 (時事通信と外務省発表との違いに注目!) ーーーーーーーーーーーーーー 以下は時事通信。 『2008/05/01-20:54 「重要な国」、日本より中国=…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ニュース報道の 「ごまかし」

チベット問題が浮上してきてからのニュースステーションで。 朝日コメンティーターが「中国も50以上の民族を抱えているから、大変でしょう」 ってな事を言っていた。しかし、在日チベット人(独立したら首相になるレベルの人だそうです)のペマ・ギャルポ氏は「中国国旗には中央の星の脇にある小さな4つの星が、異文化を持つ主な異民族をあらわしている」の…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

「NHKの気骨と映画「靖国」」について

「NHKの気骨と映画「靖国」」について このテーマも先日掲載したばかりですが、この件に関しては私には、左翼の作戦がちかな?って思います。 というのは、靖国っていうテーマで映画を作製した段階で、当然、過激な右翼が出てくる事は予測できていたはず。それをまず電話やファックスで脅しと思われる抗議があった、として映画館は一勢に自粛を決定。これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「櫻井よしこ 「文化の虐殺」と吠える」について

「櫻井よしこ 「文化の虐殺」と吠える」について >日本を誇り、親米を強調すれば米国を誇ってしまう。おもしろい話だ。親米右翼の神髄はこうなのだろうか? この言葉をこんなふうに置き換えても面白いですよ。 「日本を嘆き、親中を強調すればチベット侵略を肯定してしまう。親中左翼の真髄はこうなのだろうか?」 >米国は中国との関係…
トラックバック:500
コメント:2

続きを読むread more

チベット仏教の影響を恐れる中国政府

中国政府はこれまでの歴史的伝統として、チベット仏教は教祖であり中国は信者であった(チュン・ユン関係)経緯が長く、清時代までつづき、明確に武力での支配、という形に逆転するのは’51年から。中国は共産党になってから宗教を排斥している。 共産主義思想では「宗教はアヘン」として否定している。だから それまで畏怖の対象であった存在を否定す…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more