まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本も核武装? 「薄れゆく記憶 原爆と冷戦 その3」」について

<<   作成日時 : 2006/11/11 12:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

日本も核武装? 「薄れゆく記憶 原爆と冷戦 その3」」について
>日本までもが核保有を本気で考えるなどと世界から認識されたらどうなるだろうか。

北の実験がなされる前後にすでに米国では東アジアでの「核のドミノ現象」への危惧の念が語られていた、と聞きます。
つまり、国際常識の範囲内での日本政府の反応だった、となりませんか?
しかも保有する、とは一言も言わず、「論議の是非」段階で拒否反応を示している「論議反対派」は病的です。人権尊重、言論の自由、国民の知る権利、はどうなるのでしょう?

核アレルギーで過剰反応するのは、木に登ろうとしている子供に「危ないから止めなさい」と可能性の芽を摘む「溺愛、過干渉のママゴン」みたいですよ。
>核兵器を日本が持つことがまかりとおるのなら、それはつまり、日本が核開発に関して北朝鮮を批判する根拠がなくなるということでもある。更には韓国の核保有も現実味を帯びる。

ご存知のように北朝鮮を批判している露、中、米、ともに保有国です。
確かに自ら保有しながら他国にだけ廃棄を迫る身勝手さには共感します。が、問題は北朝鮮は「当たり前の国」なのか、と言う問題です。
なぜパキスタン、中国、フランス、インド、の場合北朝鮮のように問題視されなかったのか、どうお考えなのでしょうか?
私には北朝鮮がこれまで何をしてきた国なのか、ということが特別問題視される原因があると思います。
貴方はそれを全く認識もせずに話を展開されている、、、のでは?
そこに「非常な疑問と危惧の念」を持たざるを得ません。
むしろそれは日本が核論議是非論を展開するはめになってことと、決して無縁なことではなく、密接なかかわりを持っている「認識」だと思うのです。
つまり、貴方は北朝鮮の国家犯罪を認めていないのではないですか?
どうでしょうか?ぜひお伺いした点です。

韓国に関しては、すでに大分以前に核開発の事実を暴露されて謝意を表明していましたね。来年の国連総長のバン氏は日本高官の発言に対して「憂慮の念」を表明されていましたが、、彼は韓国の外交官であり北への太陽政策を支持しそれが失敗した結果が核実験だった訳で、日本に対する間接的な責任さえ感じて欲しい点と、さらに核開発体験国出身という側面も考慮に入れて欲しいところなのに・・・・・?

>足並みをそろえるべき時期においては、余りに頭の悪い選択であろう。自国が武力を振りかざすことだけが「リアリズム」だと思い込んでいる人間のなせる業である。それを「悪しきナショナリズム」と呼ばずして何と呼ぼう。

「頭の悪い選択」「自国が武力を振りかざすことだけが“リアリズム」だと思い込んでいる人間のなせる業」
これらの決め付けはどうでしょうか。
核論議をちらつかせるだけで首相は「非核三原則厳守、論議は必要」という矛盾した発言を繰り返しています。そういう手があってもいいんじゃないですか?第一「核の傘」と「非核三原則」は最初から相反するものでしょう。
それとも日本には持ち込ませないけど、米国本土からなら核攻撃も可能だ、ということなんでしょうか?
貴方ご自身は「核の傘」はいらない、と多分お考えなのですよね?
でも現実には「米国の核の傘」の抑止力が働いて9条が生存できた、というのが私の解釈です。あいまいなままでも十分、抑止力は働く、という現実をどうお考えですか?


>国際的な力関係や状況を客観的に見ることができず、現状における優先順位を考えることができない権力者たちが9条を変えようとすることの恐ろしさがここに顕著に表れている。

これはそのまま、
「国際的な力関係や状況を客観的に見ることができず、現状における優先順位を考えることができない」核論議反対派がこのまま「米国の核の傘の中で9条を守り続け、その矛盾を無視し続け、自国の防衛を他国に任せ平和ボケして、国際的に米国の属国と見られ自主外交も禁じられ、米国益に奉仕する国として存在する道を選ぶ」恐ろしさがここに顕著に現れている・・・・
ということができます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
金正日を舐めてかかるな
http://news.livedoor.com/topics/detail/3090363/http://news.livedoor.com/topics/detail/3090355/世間一般の皆さんが北朝鮮の金正日についてどのような人間だと思っているか知らない わたしももちろん実際会ったことなどないしかし、間違いなく言えることはあの男は決して馬鹿ではない北朝鮮をめぐる動きは全て金正日の思惑通りに動いている何度も警告しているが現状では日本に北朝鮮の核ミサイルが飛んでくる可... ...続きを見る
右派社民党公式ブログ
2007/03/24 21:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本も核武装? 「薄れゆく記憶 原爆と冷戦 その3」」について まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる