まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 場の空気を読む事を強制する“力”

<<   作成日時 : 2007/01/24 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

成城大の川上善郎教授(社会心理学)は、メデイア、特にTV番組の影響を指摘して
「テレビの基本的特性は"おしゃべり”。
クイズ番組はもちろん、ニュースさえワイドショーの出演者のおしゃべりから理解する。視聴者はテレビ特有の“場の空気を壊さない”という虚構世界の作法を学び、それを実社会にも適用する。話の腰を折るのはルール違反。だから主流の意見には反論しにくい。

そしてインターネット。無数の掲示板やブログではありとあらゆるテーマについて匿名での書き込みが行われている。タブーは消えたかのように。だがネットこそ”場の空気”を読む事が重視される。著書「グーグル・アマゾン化する社会」でインターネット化で起きる一極集中の問題点を描き出した森健さんは「氾濫する情報の中、共有するのは理解ではなく感覚」という。だから
「ネットでの語りはみんなアウトボクシング。防御を固めて様子を伺う。ファイターとして乗り込めば集中砲火を浴びる」集中砲火は現実生活にまで及ぶことがある」と語る。
ーーーーーーーーーーーーー
ネットでの書き込みで共有するのは理解でなく感覚?
だとするとここでも現実と同じく、理性より感性ということか?
日本人はどこまでいっても「理より情」なんだろうか?
防御を固める?集中砲火を浴びる?ちょっと少なくともここではそんなのないけどなあ・・・?私はその場の空気なんていつも気にしないで言いたいことを言ってきたけど。それをもって非難されたことはないし、、、でも育児コーナーでのママさんたちはなんだか皆で「楽しいふりっこ」してるようで厳しい事いっちゃいけないのかな?なんて遠慮してしまう事はある。互いにピリピリしているような気配も感じる。女性の方が相手の出方に神経質になりすぎる傾向ってないだろうか?男性よりコミュニケーション能力が高い、と見ているけどそれだけ「場の空気を読む」ことへの執着度も高いんだろうか?息が詰まりそうな雰囲気を感じる事が多いのは私だけだろうか?もっと子育て中のママさんの周囲にいる人達は、彼女らを明るくゆったりした気分を持てるよう
包んであげて欲しい。きっと子育てにもその精神的ゆとりの効果が出てくるもの、と思うから。電車でも近所でも町の中でも幼児を連れたママたちを見かけたらサービス精神を発揮してみてもらいたいものだ。日本の子供はみんなの宝だからみんなで守りたい。

東京大、船曳建夫教授(文化人類学)は
「今タブーが拡散している。昭和10年代のように誰かが暴力装置でにらみをきかせるタブーではない。かつての保守派と進歩派が溶け合って社会の座標は見えないし、家庭や社会の中で個人の感覚が細かく切れている。多くの細かいタブーが作り出される一方、互いに何をタブーと感じてるのか分からない。それだけに常に主流にいて安心感を得たい、と考えているのではないか。いわばやわらかな全体主義。シマウマが常に群れの中心に居たがるような」と語る。
ーーーーーーーーーーーーーー
これは若い子達に見られる傾向ではないかと思う。
個人主義ならぬ自己主義というやつか。個々で礼儀、マナー意識が違うようで。これじゃ共感しあうのって大変だろうな。
団塊世代はその点画一教育のおかげで、道徳も価値観もほとんど同じだったので、安心して話せる空気があったと思う。
だから今でも昔はやったグループサウンズなどの話で盛り上がれる。皆同じ体験をしているから。今の子達は多様な価値観(というより生活様式といった方が本当かも)で同じ世代でも生きる精神世界がまるで違っているのだろうか?もしそうならそれでは
同じ世代同士での共感領域は狭いものになってるのかも。
自由を満喫しながら一方で共感しあえない、つまり信頼しあえない同世代の誕生、というのは生活レベルの向上は結果的に共感しあう喜び、信頼し合う喜びをもぎとり、不安で孤独な人間疎外を生み出している、と言えるのかも。
もっと生きる知恵がほしい。レベルの向上で不幸になるなんて、こんなばかげた生き方はない。みんなで楽しめる社会をどうしたら出現させる事が出来るか、みんな知恵を絞って工夫してほしい。いい考えはどんどん出し合ってほしいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あの懐かしのグループサウンズの動画が観れる!
60年代後半から70年代初頭にかけて日本中の若者を熱狂させたグループサウンズの情報を集めました! ...続きを見る
グループサウンズ伝説〜GS I Love...
2007/04/27 13:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
場の空気を読む事を強制する“力” まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる