まじめ人間のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 古代ローマの元老院と現代日本の官僚組織

<<   作成日時 : 2008/01/04 16:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夕べのローマ史から現代日本を見る番組、は面白かった。
ローマ建国初期の共和制・・・・(共和政とも言う。国家に君主を置かない政体。反対は君主制。一般に元首は国民に選ばれる)
・・・・によって元老院議員による富の独占が行われ、農民達は土地を奪われローマ社会は混迷を極めた・・・という。

今の日本に当てはめたら、ちょうど元老院が官僚組織と見る事が出来るのではないか。彼ら官僚達が日本国民から集めた国税を好き勝手に使って、国民の生命財産を守るより脅かす方に
尽力している現在の姿に重なるのではないだろうか。

ローマでは当時、こうした富の独占による庶民の疲弊から国家存亡の危機を危惧したカエサル(英語読みでジュリアス・シーザーとも言う)は庶民派を代表して改革を行い、共和制から皇帝制度にして権力を統一し、一挙に農民に土地を返すことをもくろむ。が暗殺される。しかし彼の後継者達は皇帝制度を取り入れ、あの有名なパックス・ロマーナ(ローマによる平和)が実現される。当時庶民の最大の理想は「安全と食物」だったそうだ。

利権集団による富の独占から格差社会が生まれ、国家全体が弱体化していく。これに歯止めを掛けるには日本も政治権力の統一が今必要なのではないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古代ローマの元老院と現代日本の官僚組織 まじめ人間のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる